疲れにくい マウスとは?肩こりにも良いと思う。 - akitのギター部屋

疲れにくい マウスとは?肩こりにも良いと思う。

疲れにくい マウスとは?肩こりにも良いと思う。


疲れにくいマウスということで、
まず、疲れにくい状態にするためには、

正しい姿勢でマウスにさわるということです。

パソコンの画面の高さ、
体からマウスまでの距離、
キーボードの位置などが、
使いやすい位置関係であるのが基本です。

それで、
疲れにくいマウスを他の言葉で置き換えれば、

人間工学デザインのマウスとか、
エルゴノミクスデザインのマウスという感じで
表現されています。

握手をするような感じで使うマウスです。


例えば、
机に手を置いてみると分かりますが、

手のひらを机にピタッと置いた時と
人と握手をするような感じで手の小指側を置いた時、
角度的に、どっちが楽でしょうか?

手のひらを机にピタッと置いた時は、
脇が開いた状態になって、
腕が微妙にひねってる感じがあって、
人と握手をするような感じで置いた方が
脇が閉まってて楽だと思います。

エレキギターでもそうですが、
脇がある程度閉まってた方が弾きやすいです。
ギターをコントロールしやすいです。

微妙な差ですが、
長時間、パソコンと関わってるような人だと
だいぶ、疲れ具合の違いが出てくると思います。

肩に無駄な力が入らない状態なので、
肩こりにもなりづらいと思います。

楽になれると思います。


疲れにくいマウスに興味のある方は、
こちらから

>>楽天市場でエルゴノミクスデザインのマウスをレビュー件数順に見る

>>Amazonでエルゴノミクスデザインのマウスを見る


エルゴノミクスデザインのマウスといっても
「なんだ?」という感じで、
ピンと来ない人も多いと思います。

レビュー件数の多いエルゴノミクスデザインのマウスから選べば、
買って損をした!という状態になりづらいと思います。

楽にパソコンと向き合えるようになると思います。

関連記事
スポンサーサイト
スポンサードリンク
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://akit1974.blog137.fc2.com/tb.php/1744-52b0d6b6