エレキギターのチューニングが狂う!そんな時の解決方法 - akitのギター部屋

エレキギターのチューニングが狂う!そんな時の解決方法

エレキギターのチューニングが狂う!そんな時の解決方法


エレキギターを買って、
チューニングが合わない!
弾いてる途中で狂う!
なぜだ?
エレキギターがおかしいのか?
と思ってエレキギターを投げ捨てるのは、
まだ早いです。

解決方法があります。

エレキギターのチューニングが
狂うということで悩んでるということは、
エレキギター初心者だと思います。

チューニングが狂うのは、
ギターペグのトルク調整がうまくいってないとか
ナット部分滑りが悪いとか他にも理由はありますが、

基本的にこれだと思います。

まず、エレキギター弦の特徴として、
エレキギター弦は、伸びます。

伸びるので、エレキギターに弦を張ったら
弦をチョーキングして引っ張って、
最初に思いきり伸ばしてやる必要があります。

エレキギターのチューニングが狂う

エレキギターを弾いてる人は、
みんなやっています。

何回も弦をチョーキングしてると
弦が伸びなくなって安定する状態になってきます。

チューニングが合うようになってきます。

これで、何分か弾いたら
チューニングが狂うということはなくなると思います。

あと、部屋の温度でもチューニングが狂います。

寒いところから暑いところに行くと
弦が伸びてエレキギターの音程が低くなります。

暑いところから寒いところに行くと
逆にエレキギターの音程が高くなります。

そのたびにチューニングするということです。

チューニングといえば、こんな話もあります。

弦楽器の仲間の三味線ですが、
テレビでプロの三味線奏者が言ってたんですが
5分も弾けば三味線のチューニングが狂ってしまうそうです。

チューニングしてる所も
パフォーマンスの一部にしてるそうです。

それに比べれば、
エレキギターのチューニングが狂うというのは、
5分で狂うということは、あまり無いので、

とにかくエレキギターのチューニングが狂うという時は、

弦をチョーキングして思いきり引っ張って伸ばす。

これです。


関連記事
スポンサーサイト
スポンサードリンク
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://akit1974.blog137.fc2.com/tb.php/1751-7053e1bf