エレキギター チューニングが反応しない時の対処法! - akitのギター部屋

エレキギター チューニングが反応しない時の対処法!

エレキギター チューニングが反応しない時の対処法!


エレキギターを弾く時に、
まず、やることといえば、
チューニング!!

チューナーを使って
チューニングが反応しないと
イライラしますよね!

人によっては、今日はギター弾くのをやめた!
という感じになる人もいると思います。


なので、

エレキギターのチューニングが
反応しない時の対処法

書いていきます。


チューニングが反応しない!
という状態の場合、

使ってるチューナーとしては、

エレキギターのヘッドにつけるタイプの
振動で反応するクリップ式チューナー

コンパクトエフェクターとか
マルチエフェクタータイプのチューナーで、
シールドケーブルをつないでチューニングする物があると思います。


シールドケーブルでつないでやるチューニングの場合、

反応しない時は、

個人的な経験上では、
シールドケーブルが劣化してきて
接触不良になってる場合があります。

チューニングが反応しないとか
不安定になる場合があります。

そんな時は、
安くても良いので新しいシールドケーブルに替えてください。


振動で反応するタイプのチューナーの
クリップ式チューナーの場合、

振動だけで音を拾うので
反応が悪い場合があります。

振動の強い6弦より、
振動の弱い1弦の反応が悪いということがあります。


ピッキングの仕方で反応が変わる場合があるので、
いろいろ強弱をつけて反応を見てください。


太い弦が反応してる場合、
6弦をチューニングしてから、
6弦5フレットAを押さえて音を出しながら
5弦をチューニング。

5弦5フレットを押さえて音を出しながら
4弦をチューニング。

という感じでやっていけば、
細い弦で反応がなくても
チューニングが出来ると思います。

が、

個人的には、そこまで困ったことが無いです。


現在クリップ式チューナーしか持ってないという人は、
シールドケーブルでつなぐタイプの
チューナー付きマルチエフェクターとか
コンパクトエフェクタータイプの
チューナーにした方が反応が良くて、
チューニングにイライラしなくなると思います。


これとか良いと思います。




エレキギター チューニングが反応しない時の対処法!
でした。


関連記事
スポンサーサイト
スポンサードリンク
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://akit1974.blog137.fc2.com/tb.php/2006-98c4de93