PIXUS MG3530 ランニングコストを安くする事を考える! - akitのギター部屋

PIXUS MG3530 ランニングコストを安くする事を考える!

PIXUS MG3530 ランニングコストを安くする事を考える!


キャノンのスキャナー機能付きプリンターの
PIXUS MG3530BKを昨日手に入れたんですが、

キャノンピクサスMG3530B


ランニングコストといえば、
インク料金、高いですよね!

特に純正のインクカートリッジ!


プリンターに最初から
Canon BC-340/BC-341が付いてきましたが、

実際に
PIXUS MG3530BKを使ってる人のレビューを
Amazonとか楽天市場で見てみると、
思ってたよりも、
結構、すぐにインクが無くなるみたいなので、

出来る限りランニングコストを安くする事を
考えないとお金がいくらあっても足りないなと
思いました。


PIXUS MG3530BKのインクカートリッジは、
Canon BC-340/BC-341の他に

Canon BC-340XL/BC-341XLという
大容量タイプもあるみたいなので、


まず、リサイクル品の大容量タイプの
インクカートリッジ
を手に入れてから、

その大容量インクカートリッジに
ドリルで穴をあけて、
インクを補充するタイプのインク
が、
ランニングコスト的に安くなると思います。

インクカートリッジにドリルで穴を開けて、
インクを補充するということで、

インクカートリッジごと取り替えるのと比べて
手間はかかりますが、
ランニングコストをだいぶ安くすることができます。

それで、今、気になってるインクセットが、
こちらです。



ZECOO COLOR


BC-340 BC-341のインクカートリッジに使える
インクセットで、

ブラック顔料120ml
シアン染料120ml
マゼンダ染料120ml
イエロー染料120ml

のセットです。

純正のインクでは無いですが、
維持費を安くしたい人にとっては、
良いと思います。

近いうちに買おうと思っています。


あと、
PIXUS MG3530BKの説明書を見てわかったんですが、
モノクロでプリントしたとしても、
ブラックだけが減っていくわけではないみたいですね!

カラーインクも使われると書かれています。

つまり、普通に使っていっても、
インクカートリッジ内のインクが、
使われないまま残るインクの色があるということです。

やっぱり、自分でインクを補充できた方が、
最後までインクを使いきれて、
経済的だなと思います。



PIXUS MG3530 ランニングコストを安くする事を考える!
でした。


関連記事
スポンサーサイト
スポンサードリンク
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://akit1974.blog137.fc2.com/tb.php/2010-462a8539