エレキギター 音が出ない原因7つ! - akitのギター部屋

エレキギター 音が出ない原因7つ!

エレキギター 音が出ない原因7つ!


今日は、暇だし時間がいっぱいあるので
思い切りエレキギターが弾ける!!

と思って、

エレキギター、エフェクター、
ギターアンプなどにつないで、

電源を入れて

弦をジャラーーーーンとやっても
音が出ない!!

なんでだ???

困った!どうしようか?ということが、
エレキギター初心者の時にはあるかもしれません。

なので、

エレキギターの音が出ない原因を書いていきます。


とりあえず、
7つの原因を書きます。



☆シールドケーブル、パッチケーブルが断線してる

シールドケーブル、パッチケーブルを頻繁に
つなげたり外したりしてる内に断線したり、
プラグのハンダ付けされてる部分が剥がれたり、

立って弾いてる時にシールドケーブルを
踏んづけて、エレキギターを上に引っ張った時に
プラグのハンダ付けされてる部分が剥がれたり
シールドケーブル内部で断線ということがあります。

ハンダが取れてる場合は、
自分でハンダ付けできる場合は自分で直して、
そうでなければ、シールドケーブルとか
パッチケーブルを取り替えるしかないです。



☆単純にエフェクター、ギターアンプの電源が入ってない

電池を取り替えるか電源を入れてください。



☆エフェクター、ギターアンプが壊れている

壊れてるであろうエフェクターとか
ギターアンプ以外の物に接続して、
調べてみましょう。

つなぎ変えて音が鳴ったら、
それらが壊れてるということです。



☆エフェクターの電源が供給されてない

経験上、エフェクターに電源を供給する
プラグが錆びてて、接触が悪くなってて、
音が出ないということがあります。

プラグをティッシュとか布切れとかで
磨いてみてください。

あとは、接点復活スプレーを吹きかけるとか
やってみると
音が出るようになるかもしれません。



☆エレキギターのピックアップの線のハンダが取れてる

エレキギターのピックアップセレクターに
ピックアップの線がハンダ付けされてると思いますが、
見てハンダが取れて浮き上がってる、外れてる場合は、
ハンダゴテとハンダでハンダ付けすれば直ると思います。

エレキギターには基本的に何個か
ピックアップが付いてると思うので、
ピックアップセレクターで
ピックアップを切り替えて、
他のピックアップで音が鳴るようであれば、
そういうことです。



☆エレキギターのボリュームポットの接触が悪くなってる

エレキギターを長い間使ってると、
ボリュームポットが劣化してきて、
ボリューム操作ができなくなったり、
音が途切れたりして接触が悪くなることがあります。

そんな時は接点復活スプレーを吹きかけるか、
ボリュームポットを取り替えるかすれば、
音が鳴るようになると思います。



☆エレキギターのジャックのハンダが取れてる。断線してる。

ジャック=シールドケーブルをつなげる部分ですが、
ジャックの取り付けが緩くなってる場合、
構造によっては内部でグルグル回って、
線が千切れたり、ハンダが取れたりすることも
あるかもしれません。
チェックしてみてください。


こんな感じです。


その中でも経験上、良くあることは、
シールドケーブル、パッチケーブルが断線してて
音が出ない事が良くあります。

エレキギターにつないでるシールドケーブルは、
特に何本か余裕をもって持ってた方が、
すぐに対応できると思います。

自分が普段使ってるシールドケーブルは、
3mの物で1本600円ぐらいで買えるものです。

シールドケーブルは消耗品だと思うので、

自分は安い物を使っていますが、
それなりの値段のするものであれば、
寿命も長いと思います。
大事に扱うと思います。

人それぞれ考え方があると思うので、
選んでみてください。


ギター用のシールドケーブルに興味のある方は、
こちらから

>>楽天市場でギター用シールドケーブルをレビュー件数順に見る

>>Amazonでギター用シールドケーブルを見る


関連記事
スポンサーサイト
スポンサードリンク
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://akit1974.blog137.fc2.com/tb.php/2014-56ded0a5