ベリンガー エフェクターが安い理由は? - akitのギター部屋

ベリンガー エフェクターが安い理由は?

ベリンガー エフェクターが安い理由は?


エレキギターを弾き始めて
最初に手に入れるコンパクトエフェクターとして
安い!ということで、
ベリンガーのエフェクターが気になってる人も
いると思います。

確かに2000円から3000円ぐらいで
ギター用のエフェクターが手に入るというのは
魅力的だと思います。

雑誌3冊分ぐらいの値段という感じです。


ということで、
なぜ?ベリンガーのエフェクターが安いのか?
理由を書いていきます。


まず、家にあるベリンガー製品は、
5つあります。

ベリンガーV-AMP2どアップ

ベリンガーエフェクター5000円以下4個


ギターアンプシミュレーターの
ベリンガーV-AMP2

アナログディレイのエフェクター
ベリンガーVM1

真空管オーバードライブのエフェクター
ベリンガーVT999

メタルディストーションのエフェクター
ベリンガーUM300

多機能ファズのエフェクター
ベリンガーSF300

これら5つです。


一般的にベリンガーのエフェクターといえば、

ベリンガーエフェクターACアダプター1


ベリンガーUM300とかSF300とかの形の
コンパクトエフェクターのイメージが有ると思います。

自分は、2年ぐらい前に一番安い時に買ったので、
それぞれ、送料込みで当時1580円で手に入れました。

今は、ちょっと値段的に高くなったとはいえ
まだまだ、安いと思います。


実際、持ってみて触ったり裏を見てみると分かりますが、

ベリンガーのエフェクターが安い理由は、


☆ベリンガー自体はドイツのメーカーですが、
 製造国が中国製造と書かれてあります。

 VT999とかにはMade in Chinaと書かれてあります。

人件費が安いということで安いんだと思います。


☆エフェクターのボディがプラスチックで

 材料費が安い!

プラスチックということで足でスイッチを押した時に
形が微妙に歪みます。


☆GAINとか、つまみの付き方がゆるい。
 グラグラする。

材質の事もあると思うが、
設計の精度的にゆるいのでカッチリ感が無いです。


実際使ってて思うことは、
こんな感じでしょうか?

家にあるHAOとかBOSSなどの
ボディが金属製のエフェクターと
比べてしまうとやっぱり
ベリンガーエフェクターは、
見た目が安っぽいです。


では、そんな感じで安っぽいのに
なぜ?自分は手に入れたのか?
ですが、

ベリンガーのエフェクターは、
メインの機材としては使ってないです。

特にプラスチックボディの
ベリンガーエフェクターの方は。

ベリンガーUM300とSF300は、
メタルとファズで
癖の強いエフェクターなので、
たまに使いたくなるという感じです。

人それぞれ、エフェクターによって、
弾きたくなるフレーズというものが
あると思います。

ファズであれば、ジミヘン的な感じとか、
メタルであれば、
低音弦でザクザク刻む感じとかです。

そういう気分の時に使う感じです。


プラスチックということで、
激しい感じでフットスイッチを
オンオフした場合、
長い間使っていけるんだろうか?という不安がありますが、

とりあえず、家にある
ベリンガーエフェクターは全部壊れてないです。

結局は音がどうか?気に入るか?
ということだと思います。

自分が手に入れたベリンガーエフェクターは、
癖の強いものだけですが、

ベリンガーエフェクターには、
いろいろバリエーションがあって、
一般的な歪みのオーバードライブとか、
イコライザーとか、フェイザーとか、
コーラスとかフランジャーとかディレイとか
いろいろあるので、初めてのエフェクターとしては、
良いと思いますよ!


ベリンガー エフェクターが安い理由は?でした。


ベリンガーエフェクターに興味のある方は
こちらから

>>楽天市場でベリンガーエフェクターをレビュー件数順に見る

>>Amazonでベリンガーエフェクターを探す!


関連記事
スポンサーサイト
スポンサードリンク
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://akit1974.blog137.fc2.com/tb.php/2080-1e57f393