ROLAND Blues Cube StageとBC-60の比較! - akitのギター部屋

ROLAND Blues Cube StageとBC-60の比較!

ROLAND Blues Cube StageとBC-60の比較!


今、気になるRolandのギターアンプ
ROLAND Blues Cube Stage!!

自分でローランドのギターアンプを持ってるから
気になってるという所もあります。

ギターアンプは、
人の体で言えば、口、声、声帯です。

エレキギターで、
良い音を鳴らしたい人にとっては重要だと思います。


ROLAND Blues Cubeといえば、
家にはRolandのBC-60というギターアンプがあります。
前ののBlues Cubeシリーズです。

RolandのBC-60上から見た
上からスマホで写真を撮ってみました。


家にある唯一のギターアンプで、
20年ぐらい使っています。

スピーカーのネットがパリパリ剥がれたということで、
自分で布を貼り替えたりもしましたが、

買ってから20年経った
今でも機能が失われることなく問題なく動いて鳴っています。


エレキギターを弾く時に

ギターアンプを使わないで、
マルチエフェクターから直でパソコンに入力して、
ラインでパソコンにつないだスピーカーから音を聴くこともありますが、

今は、質の良いオーバードライブエフェクターを手に入れたので、

エレキギター→オーバードライブ→アナログディレイ→
RolandのBC-60という感じにシンプルにつないでよく弾いています。

本物のギターアンプの音というのは、
やっぱりピッキングに対してダイレクトな感じがあり、
スピーカーの箱鳴りもあって弾いてて気持ちが良いです。


ROLAND Blues Cube Stage

パッと見のデザインは、自分が使ってるBC-60と
雰囲気が似てますね!

機能的にも2チャンネルのギターアンプで、

ただ、細かく見ると

ROLAND Blues Cube Stageは、
つまみがシンプルに一列になってたり、
2つのチャンネルをブレンドできるデュアルチャンネル機能とか、
USB端子が付いてたり
パワーアンプを4段階に出力が切り替えできたり、
使いやすくなってるみたいで、
いろいろバージョンアップしています。

ただ、ギターアンプを
家の中だけで使いたいのであれば、
もうちょっと出力とサイズが小さいギターアンプを選んだ方が
使いやすくて良いかもしれません。


RolandのBC-60を20年ぐらい使ってると書きましたが、
ギターアンプを手に入れる時というのは、

長い間、使っていけるかという不安があると思います。

Rolandのギターアンプだったら今までの長い歴史があるので、
長い間使っていけると思います。


音量!

自分の場合、BC-60を自分の部屋で
ボリュームを1か2あたりまでしか上げたことがありません。

とは言っても、ある程度いい音が鳴ります。

BC-60とは違って、
ROLAND Blues Cube Stageの場合は、
4段階に出力を切り替えることが出来るということで、
BC-60よりも自分の部屋の中でも
良い音で鳴らすことが出来ると思います。


自宅でもライブでも思い切り使いたいという人に
ROLAND Blues Cube Stageは良いと思います。


ROLAND Blues Cubeシリーズは、

Blues Cube Stage

Blues Cube Artist

Blues Cube Tour 100Wヘッド・アンプ

などありますが、

自分の部屋でもとなると
ROLAND Blues Cube Stageが扱いやすくて良いと思います。


ROLAND Blues Cube Stageシリーズに興味のある方は、
こちらから

>>AmazonでROLAND Blues Cubeシリーズを見る!

>>楽天市場でROLAND Blues Cubeシリーズの取扱店を見る


ROLAND Blues Cube StageとBC-60の比較でした。


関連記事
スポンサーサイト
スポンサードリンク
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://akit1974.blog137.fc2.com/tb.php/2141-40546280