メタルギアソリッド5とデヴィッド・ボウイの曲 - akitのギター部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタルギアソリッド5とデヴィッド・ボウイの曲

メタルギアソリッド5とデヴィッド・ボウイの曲


日本時間の2016年1月11日に
デヴィッド・ボウイが亡くなったというニュースが流れました。

最初、テレビを見て知って、
Yahoo!ニュースを見て、
ツイッターでもトレンドキーワードの載っていました。


アメリカ時間で1月10日に亡くなったということです。

誕生日が1月8日で69歳で亡くなったということで、
家の父親と1歳しか違わなかったんですね!!
(家の父親は今年の2月で70歳)

デヴィッド・ボウイといえば、
自分はファンではないですが、


最近やってるPS4のゲームソフトの
メタルギアソリッド5ファントムペインの中で、
デヴィッド・ボウイの曲が使われてるので、
それで、聴いています。
(2015年12月5日から約1ヶ月以上楽しんでいます)

メタルギアソリッド5TPP

それまでは、デヴィッド・ボウイといえば、
映画の戦場のメリークリスマス
(北野武さん坂本龍一さんも出てた映画です)とか、
どこかでなんとなく独特な声、歌唱法の曲を聴いて、
ちょっと知ってるぐらいでした。


ゲームの中で、ミッション中にカセットテープを拾うと、
いろんな人のいろんな曲が聴けるようになって、

カセットテープを集める楽しみもあるゲームですが、

例えば、
The Man Who Sold The World(世界を売った男)
元々はデヴィッド・ボウイの曲ですが、

よく調べてみるとゲームの中で使われてるのは、

イギリスのミュージシャンの
Midge Ure(ミッジ・ユーロ)という人がカバーしたものみたいですね。

デヴィッド・ボウイの独特な雰囲気が出ています。

メタルギアソリッドシリーズを作った小島秀夫監督は、
インターネット上で調べてみると
デヴィッド・ボウイのファンみたいですね。


メタルギアソリッド5ファントムペインというのは、
時代的には1984年という設定なので、

自分は1974年生まれなので10歳ということになります。

そこら辺の自分が小さかった頃に
世の中で流れてたような曲がゲームの中で使われています。

ミッションで拾えるカセットテープは、
タイトルは分からないですが、自分にとっては、
テレビとかラジオとか街中など、
なんとなくどこかで聴いたことがあるような曲がいっぱいあります。

曲を聴くと、なんとなく懐かしい気分になります。


そのカセットテープを支援ヘリの登場シーンの
テーマ曲に自分で選んで設定できるんですが、
(ちなみに自分は懐かしさとは関係なく、
 A Phantom Painという曲を設定しています。)

メタルギアソリッド5ファントムペインをやっていて
その懐かしさに浸ってる人も多いと思います。

雰囲気を作るのに曲って大事だなと思いました。


デヴィッド・ボウイが亡くなったことによって、
デヴィッド・ボウイの曲を聴きたい!という人も
増えるんでしょうね!!
(自分も聴いてみたいと思っている)


それにしても父親と1歳しか違わないんですね!!

ちょっとザワッとしました。


メタルギアソリッド5とデヴィッド・ボウイの曲でした。





関連記事
スポンサーサイト
スポンサードリンク
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://akit1974.blog137.fc2.com/tb.php/2168-e1d74cb4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。