windows10 アップグレード後 不具合!パソコンに起こったいろんな事! - akitのギター部屋

windows10 アップグレード後 不具合!パソコンに起こったいろんな事!

windows10 アップグレード後 不具合!パソコンに起こったいろんな事!


DELLパソコンにメモリーカードリーダーが付いてた


Windows10にアップグレード2台目!


家には中古で買ったパソコンが3台あったんですが、

最近、一番古いWindowsXPのパソコン、
地デジチューナーをつけてテレビ専用になってた
パソコンが起動できなくなって壊れました。

ということで、現在パソコンが2台あります。

サブで使ってるノートパソコンの方は、

スッキリ使いたい!ということで、
あまりソフトが入ってなくて、
気分的にアップグレードしやすかったということで
Windows7からWindows10に無償アップグレードしてたんですが、
(ノートパソコンに地デジチューナーをつけました)

今回は、いろんなソフトが入りまくってる
メインのデスクトップパソコンの方を
Windows7からWindows10にしてみました。

無償アップグレード終了まで約2ヶ月半というのと、
古いパソコンが壊れたということで、
Windows10にする気持ちになったということです。


いろんなデータ、アフィリエイトのノウハウPDF、
エレキギターの録音をやるということでレコーディングソフト、
画像編集ソフト、YouTube用の動画編集ソフト、
それらに関係するソフトがいろいろ入っています。

怖かったんですが、
これだけあるとバックアップをとるのも難しいので、
バックアップをとらないまま、Windows10にしてみました。


家のインターネット環境は

F-12Cという5年前に発売されたスマホで、
Wi-Fiテザリングでやっています。

通信速度が遅いということで、
Windows10のダウンロードからインストール完了まで、
約4時間ぐらい掛かりました。


Windows10にしてもファイルは
そのままの場所に保存されてると
マイクロソフト側は言っていますが、
いろんな不具合は起こっています。

今回Windows10にアップグレード後に起こった不具合は、
自分の場合は、こんな感じです。


☆ネットワークセキュリティキー?通信設定が変わってしまった。

インターネット設定が変わってしまったみたいです。
ネットワークセキュリティキーを入力してというような
表示がされました。

ネットワークセキュリティキー?
焦りました。

インターネットをやるために
こんな面倒な事をやってなかったなと思って、
いろいろやってたら、

解決法としては、
自分はスマホのWi-Fiテザリングでやってるので、

AOSSのWi-Fi簡単登録で、
インターネットにつなぐことができました。

ネットワークセキュリティキーを
入力しなくても良かったということです。



☆PC Wizardというソフトが自動的に削除された

PC Wizardとはパソコンの中身を詳しく見るソフトですが、
Windows10に対応してないということで、
勝手に削除されました。

あまり使ってないソフトなので削除されても特に問題無いですが、
ちょっと勝手に削除されるというのはドキッとしました。



☆Google日本語入力がパソコンを再起動するたびに
 設定が解除される。

Windows10には、日本語Microsoft IMEというのが、
最初から入っていますが、

自分はGoogle日本語入力というのを使っています。
再起動するたびに勝手に日本語Microsoft IMEに
切り替わる状態になっていました。

何回Google日本語入力に設定しなおしてもです。

強制的にマイクロソフトの物を使え!ということなのか?
と思いましたが、

解決法としては、
Google日本語入力をまず削除して
再インストールし直すと
パソコンを再起動しても
Google日本語入力に設定された状態で使えるようになりました。



☆パソコンモニターの画面がしょっちゅう数秒間落ちる。

パソコンを使ってると画面が数秒間見れなくなるという不具合です。
使いづらいです。

解決法は、
このパソコンにはビデオボードとして
NVIDIA GeForce GT430をつけてるんですが、

その最新ドライバーをダウンロードして、
インストールすることによって画面が落ちるということは、
無くなりました。



☆SteinbergのCUBASE LE6が起動できなくなった。

CUBASE LE6はマルチエフェクターの
ZOOM G5についてきたレコーディングソフトです。
ソフトが起動できなくなりました。

ZOOMといえば、
ZOOM ZFX Plug-inについてきたCUBASE LE4も起動できなくなりました。

本人確認の
アクティベーション関係がうまくいってなかったみたいです。

CUBASEの
アクティベーションをするためのソフトの

elicenserというソフトがありますが、
これを削除してダウンロードして、
再インストールし直して、CUBASE LE6などを
アクティベーションし直すと、
また、CUBASE LE6を起動できるようになりました。



☆ZOOM ZFX Plug-inのソフトが起動できなくなった!

パソコン上で使えるギターアンプシミュレーターですが、
そのままでは起動できなくなりました。

7年も前に発売されたものなので、
Windows7では使えないのかなとも思いましたが、
大丈夫みたいです。

解決法としては、
ZOOM ZFX Plug-inのソフトを完全に削除してから
またダウンロードして再インストールしたら、
Windows10でもZOOM ZFX Plug-inが、
使えました。



☆利用不可?ソフトが使えてるのに?

システムのアプリと機能という所に
パソコンに入ってるソフトの名前がズラッと並んでいます。

ソフト=アプリということです。

ソフトを削除したい時にここから選んで
削除することができますが、
(アンインストール)

実際は使えてるのに利用不可と表示がされています。
なぜでしょうか?これは理由が分かりません。



☆パソコン画面の文字とかの色が変わってしまった。


文字の色が見づらく変わってしまいました。

解決法としては、
ちょっと分かりづらいんですが、
設定のパーソナル設定で、色を選んで
ハイコントラスト設定で色を変えると見やすくなります。
見づらくもなります。

見やすくなりますが、
テーマの保存の時に名前を入力しますが、
同じ名前にして上書き保存というのが出来ない仕組みになっています。

これはちょっと不便だなと思いました。

上書き保存できればもっと使いやすいのに。
なぜでしょうか?


こんな感じで、Windows10にしたからといって、
そのまま今まで通りには使える感じではないです。

これからも使ってるうちに不具合が
見つかっていくと思いますが、
今のところはこんな感じです。


不具合は結構ありますが、
徐々に使いやすい状態には、なっていっています。

パソコンの動作も早くなってる感じが実際あります。
(Windows10にアップグレードして!
 というような表示が消えたからなのか?)


Windows10にしたということで、
Windowsのサポート期間が2025年まで伸びたということです。

2025年まで、
このパソコンを使うということは無いと思いますが、
このサポート期間が伸びたということが
重要だと思っています。

いろいろ不具合はありますが、
個人的にはWindows10にして良かったと思っています。

Windows10の無償アップグレード期間は、
2016年7月29日までです。

これからの人はやってみてください。


windows10 アップグレード後 不具合!パソコンに起こったいろんな事!
でした。


関連記事
スポンサーサイト
スポンサードリンク
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://akit1974.blog137.fc2.com/tb.php/2230-70745507